美容師の練習について

美容師になるためには専門学校に通い、卒業後国家試験を受験し合格することで資格を得ることが必要です。
美容師の資格を得たからといってすぐにスタイリストとしてお客様に施術出来るわけではありません。
まずはアシスタントとして接客やレセプト業務、シャンプー、マッサージ、スタイリストの補助をしながら自分で練習して技術を高めていく必要があります。
練習はサロンのオープン前かクローズ後となります。
ウィッグを使用し、カットやカラー、パーマやトリートメントの技術を練習していきます。
ウィッグで合格したら多くのカットモデルさんへの施術をし、合格したらスタイリストとしてお客様に施術が出来るようになります。
通常のアシスタント業務をしながら朝早くから夜遅くまで立ちっぱなしなことも多いため、身体的に非常にハードです。
さらに、カラーやパーマ材、トリートメントの種類や扱い方など覚えなければならないことも多いです。
しかし、美容師は人を美しく変身させることが出来き、喜んでもらえます。
人の笑顔を見ることが出来る素晴らしい仕事です。

美容師さんの練習とは?

美容師の見習いが一人前にスタイリストデビューするまでには、平均3〜4年かかります。
その期間の中で覚えること、やるべき事はたくさんあります。
カラーを塗る、ロッドを巻く、カットをする。
プロの美容師が何気なくしている事全てには、下積み時代の努力があってこそなのです。
そして、スタイリストとして、華々しくデビューするまでには、合格しないといけない試験があります。
例えば・・接客、シャンプー、マッサージ、トリートメント、カラー塗布、カラー応用、矯正縮毛、ブロー カットの基本、着付け、その他にもカリュキュラムとして組み込まれているものがたくさんあります。
その全ての技術を日々の練習で習得していくのです。
その他に、美容師として必要なスキルがコミュニケーション力です。
カットをしながら、お客様と話をしなければならない職業なので、話す事が苦手な人でも 人と話す事に慣れる練習をしていきます。
コミュニケーション力を伸ばすためには、先輩や後輩など、様々な人と喋る機会を増やしたり テレビや雑誌から様々な話題を見つけるという、情報収集の練習もしておくべきです。

おすすめWEBサイト 5選

AGA治療 静岡
https://mens.hashimotoclinic.co.jp/service/16.php

最終更新日:2019/10/31